おはようございます。

 

 台風一過の暑い一日になりそうですね。

 

 本日は、通常どおり、10時より開館いたします。

 

 

 夏季特別展

 「阪和電鉄開通90周年記念 −和泉に電車がやってきたー」

 

    一部展示替えをおこないました。

 

 

 涼みながら、展示を観ていただけたらと思います。

 

 皆様のご来館を、お待ちしています。

 

 

 

皆様、おはようございます。

 

和泉市では、本日午前8時43分に暴風警報が発令されました。

そのため、ふるさと館は午前10時開館予定でしたが、

「臨時休館」となります。

 

警報が解除されましたら開館する可能性がありますが、

これから台風10号が接近してくる地域ですので、

閉館時間までに解除されることはほぼないと思われます。

 

本日ご来館を予定して下さっていた方には大変ご迷惑をおかけしますが、

ご了承ください。

 

また、これから雨風がさらに強くなることが予想されていますので、

安全を確保し、どうぞ気をつけてお過ごしください。

 

現在、大型の台風10号が接近しており、明日から夜にかけて西日本を縦断する見込みとなっています。

 

信太の森ふるさと館は、市の規定により

暴風警報が発令された場合、休館となる予定です

 

ふるさと館周辺は、現在はまだ晴れ間が見えていますが、

すでに風が強く吹いております。

これから雨脚が強まり、また暴風が吹くことも予想されていますので、

台風が通り過ぎるまでは、不要不急の外出を控えて

どうぞ安全にお過ごしください。

夏真っ盛りの暑さ厳しい折ですが、台風も近付いております。

ゲリラ豪雨も発生していますので、熱中症への警戒とともに、お天気の急変にも気をつけましょう!

 

さて、先週のことになりますが、現在開催中の夏季特別展

「阪和電鉄開通90周年記念―和泉に電車がやってきた!―」に関連して、

8月3日・4日に「鉄道模型(Oゲージ・Nゲージ)で遊ぼう!」を開催いたしました。

今日はその様子をすこしご紹介します!

 

 

こちらのイベントは、鉄道同好会(東急車輌OB)と桃山学院大学鉄道研究会のみなさんの

ご協力によって開催することができました。

 

当館学習室をいっぱいに使い、外周には大きなOゲージの線路を、

内側にはNゲージの線路を設置しました。

Nゲージは内回り・外回りの線路があります。

 

参加者の方々には、それぞれの電車の運転体験をしていただきました!

 

 

Oゲージは、ほとんどの部分が手作りです。こちらは阪和電鉄で使われていた車両の模型です。

 

 

 

Nゲージは、阪和線をかつて走っていた車両や、今も走っている車両を

中心にご用意していただきました。

関空紀州路快速や、羽衣線の電車も。

 

Oゲージには、子どもさんが喜ぶラッピング電車や「ラピート」もありました。

 

 

 

また、自分で色を塗って組み立てた「子ども電車」も、実際に線路を走ります。

組み立てるのはすこし難しいところもありますが、軽快に走る様子を

皆さん楽しそうに見ていました。

 

おかげさまで、イベント開催中の二日間、たくさんのお客さんで賑わいました。

ご来館下さったみなさんありがとうございました!

 

 

こちらのイベントは、いずみの国歴史館で11月16日・17日にも開催予定です。

今回ご参加いただいた方も、そうでない方も、ぜひこちらへもお越しください!

 

 

8月3日のS.N.Cの活動と、ふるさと館の自然観察イベント「夜間観察会」を合同で行いました。今回の集合場所と解散は、ご協力をいただいた大阪市立信太山青少年野外活動センターのキャンプ場管理棟前です。

8時過ぎ。点呼〜! 全員揃いました (^-^)ゝ それでは、夜の観察に出発。懐中電灯で樹木や雑草を隅々まで丹念に調べました。

アブラゼミの幼虫が脱皮場所を探して、木の幹を登っていました。普段よく見る、抜け殻と違って力強さと言うか、重さと言うか一生懸命が伝わります。そして、その木の上では数日前、無事羽化に成功した成虫が休んでいました。

違う場所では羽化直後のアブラゼミを観察できました。脱皮を終えた、新成虫の神秘的な色合いには何歳になっても感動ものです。

皆さんはどうでしょうか?

今までの画像は、撮影時にフラッシュを焚いているので明るく映っていますが、フラッシュを止めて撮影すると右のような画像になります。つまり、観察者は雑木林の暗闇の中で懐中電灯の明かりだけが頼りの行動になります。もし、電池が切れたら!電球が切れたら!もし、転んで怪我をしたら。危険です。

お願い! 昼夜問わず、昆虫採集や観察をする時は絶対に、こども達だけでの行動はしないでください。させないでください。かならず大人に付き添ってもらってください。

∑(°o°)おっ! もう9時過ぎです。そろそろ、集合場所へ戻りながら観察を続けました。観察初めの8時24分頃に見つけたアブラゼミの幼虫を見に行きました。しっかりと体を固定して、背中の皮が割れ始めていました。

 

それでは、アブラゼミ以外の観察できた虫たちを紹介します。

ニイニイゼミは小型のセミで、幼虫の抜け殻は全身に泥が付いているので簡単に見分けられます。クチベニマイマイは、ふるさと館の周りでも普通に見られるカタツムリ。クビグロクチバの幼虫は、イネ科・カヤツリグサ科の植物を食べるヤガ科のの仲間です。アカアシオオアオカミキリの幼虫はブナ科の生木を餌にしているカミキリムシ科の昆虫です。

カブトムシはもう何も言うことは無いですね😉 ヨツボシケシキスイは樹液によく集まるケシキスイ科の小さな甲虫です。ヤブキリはキリギリス科の昆虫。キマダラカミキリの幼虫はブナ科の枯れ木を餌にしているカミキリムシ科の昆虫。最近ではキマダラミヤマカミキリと呼ばれているそうです。撮影は出来なかったのですが、他に、クチキムシ、キマワリ、ナガニジゴミムシダマシ、オオゴミムシダマシ類、サビキコリ、ナガコメツキ類、ボクトウガの幼虫などを観察できました。

1​0時前に管理棟前にもどってきました。夏休みの良い思い出になったかなぁ〜?

※信太山青少年野外活動センターでの昆虫採集は禁止です。

次回のS.N.Cの活動は9月7日(土) バッタのオリンピックです。集合時間は、信太の森ふるさと館に午前9時です。

今回は、ふるさと館のシーンが無いので、夜10時過ぎのふるさと館の画像をアップしましょう。普段は、玄関の照明はしていません。

 

 

梅雨明けと同時に猛暑となり、35度を越えるところも出ています。

朝からずっと気温が高いですので、エアコンを使うなどして

体温調節と熱中症対策には十分お気を付け下さい!

 

先日、28日には特別展記念講演会が開催され、

会場はほぼ満席となるほど、たくさんの方にご来館いただきました。

阪和電鉄による住宅地開発では、初めて作られた自治会のために会館を提供するなど、

住民と阪和電鉄が協力し合ってよりよい街をつくろうとしたことや、 

阪和電鉄の作った「砂川遊園」の今に残る唯一の資料「表忠塔」についてなど

さまざまな貴重なお話を聞くことができました。

 

 

 

続いて、今週末の8月3日(土)・4日(日)には、信太の森ふるさと館において

特別展記念イベント「鉄道模型(Oゲージ・Nゲージ)で遊ぼう!」

が開催されます。

 

この二日間、ふるさと館の学習室全面を利用して、鉄道模型(OゲージとNゲージ)を

それぞれ走らせます!

また時間中には、鉄道同好会(東急車輌製造株式会社OB)と桃山学院大学鉄道研究会のみなさんの

指導のもと、鉄道模型の運転体験を行うことができます。

 

さらに、車両の図面に好きな色や絵をつけたものを切り取り、模型に乗せて走らせることができる

「子ども電車」コーナーもご用意しています。(先着100名)

 

日時は8月3日(土)・4日(日)のそれぞれ午前10時〜午後4時までです

ご来館・ご参加は無料となっていますので、子どもも、もちろん大人の方も

お気軽に足をお運びいただければと思います!

お待ちしております!

 

梅雨明けを感じさせるお天気から一変し、

台風が接近した今日は朝からかなりの雨が降り続いています。

 

足元の悪い中ですが、

特別展

「阪和電鉄90周年記念―和泉に電車がやってきた!―」に

足を運んでくださる方もみえます。

明日は講演会がありますので、なんとか晴れてほしいと思っています。

 

 

 

さて、本日は「SNC(信太山ネイチャークラブ)」の会員と、

「夜間自然観察会」へご参加の方向けの記事となります。

 

次回の活動日、8月3日(土)は「夜間自然観察会」を予定しています。

そのため、いつもの活動時間ではありませんのでご注意ください。

ツクツクボウシの羽化 2018年8月4日に行われた「夜間自然観察会」で観察できました。

 

活動場所は「信太山青少年野外活動センター」となっています。

直接現地に向かわれる方は20:00に「キャンプ場管理棟前」集合です。

 

ふるさと館から一緒に向かわれる方は、19:30にふるさと館へお越しください。

 

「夜間観察会」のみご参加の方も同様となっています。

 

肌を露出しない長そで・長ズボンを着用のうえ、虫よけスプレーやタオル・水筒、

また懐中電灯などがあれば観察がしやすくなるかと思います。

 

お願い! 夜間自然観察会での昆虫採集は禁止です。捕まえても、観察が終わったら自然にもどしてあげてね(^_-)-☆

 

欠席のご連絡や、不明な点がございましたら、ふるさと館へお電話ください。

 

 

少しお久しぶりの更新となってしまいました。

雨が続き、なかなか晴れ間の見られない空模様ですが、

ついに昨日、夏季特別展が開幕いたしました!

 

以前からご案内しておりますが、今回の展示はこちらです。

 

阪和電鉄90周年記念

      ―和泉に電車がやってきた!―  

 

会期:7月18日(木)〜9月16日(月/祝)

時間:午前10時〜午後5時(入館は4時45分まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)

入館料:無料

 

現在のJR阪和線の前身である私鉄・阪和電鉄が、天王寺から和泉府中まで

電車を走らせてからちょうど90年。

和泉市に電車がやってきた年を記念して、

阪和電鉄時代の資料を中心に、阪和電鉄と和泉市のかかわりについて

ご紹介します。

 

今回の展示資料は、個人の方からお借りしたものばかりのため、

撮影はご遠慮いただいておりますが、

展示室内の様子を少しご紹介します!

 

 

 

 

あまり広い展示室ではありませんが、できる限りたくさんの

昔のチラシやパンフレット、切符、写真などをご紹介しています。

 

和泉市で阪和電鉄が行っていたいろいろなイベントや、ゴルフ場などのスポット、

住宅地開発、駅の開発などがわかる貴重な資料ばかりとなっています。

 

また、こちらの資料や写真をご覧いただいた感想や、

自分や友人知人、家族の鉄道にまつわる思い出、印象などを

アンケートにご記入いただくコーナーもご用意しました。

 

この展示をきっかけに、「こんなものがうちにあったよ」といったご連絡も

いただいておりますので、展示資料や写真などは

会期中に入れ替えも行う予定です。

 

リレー展示となっている、いずみの国歴史館での秋季企画展では

さらにたくさんの資料を展示する予定ですので、

そちらもぜひ楽しみにしていただければと思います。

 

さらに!展示資料の一部を掲載した8ページのリーフレットは、

無料でお配りしております!

 

土曜日もお天気は不安定なようですが、

会期はまだまだございますので、ぜひご来館くださいませ!

 

 

追記

7月28日(日)開催の特別展記念講演会(前記事参照)は

お席に若干の余裕がございますので、

ご希望の方は直接 ふるさと館(0725-45-0605)までお電話下さい。

残席わずかとなっていますので、先着順で締め切らせていただく場合があります。

 

 

今日は七夕ですね。

昨日行われたSNC&植物標本作り体験に参加した子どもたちが、

七夕飾りを作ってくれました!

幼稚園などで習った飾りを作ったり、折り紙をしたり、もちろん願い事を書いた短冊も吊るしました。

昨日は風がとても強かったので、いったん館内に避難させたのですが、

今日はなんとかお天気も持ちこたえそうなので、織姫と彦星が願いをかなえてくれることを

期待して、館の入り口に飾っております!

 

 

 

 

さて、本日はまもなく始まる夏の特別展に関連した講演会のお知らせです。

 

 

特別展記念講演会

阪和電気鉄道の兼営事業と沿線開発

 

講師:竹田 辰男氏(『阪和電気鉄道史』著者)

日時:7月28日(日) 午後2時〜3時30分

定員:60名(多数抽選)

費用:無料

申込:7月12日(金)までに住所、氏名、電話番号、講演名をご記入のうえ

往復はがき(〒594-0004和泉市王子町914-1)

またはFAX(0725-45-0605)にてお申し込みください。

 

 

締切後も、定員に余裕がありましたら随時受付を継続いたします。

 

 

竹田氏は、今回の展示に大変なご協力をいただいた、

阪和電鉄に関する研究者です。

今回の講演会では、ふるさと館が元阪和電鉄であるJR阪和線信太山駅・北信太駅に

近いことから、和泉市域を中心に、阪和電鉄が行ったさまざまな事業や沿線開発について

豊富な資料に基づいてお話しいただきます。

たいへん貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください!

 

 

 

令和初の台風が夜中のうちに通り過ぎ、昨日と今日はすっかり晴れていますね。

ですが湿気がものすごく、気温以上に蒸し暑く感じられます。

お出かけの際は、水分補給に気を配ってくださいね。

 

さて、今月最後の更新になるかと思います本日は、

次回の夏季特別展のご案内です!

 

すでに和泉市の広報誌や、各所へお送りしたチラシでご覧になった方も

おられるかもしれませんが…

展示準備にもあわただしく、こちらでのお知らせが遅くなって申し訳ありません!

 

 

 

 

夏季特別展

「阪和電鉄開通90周年記念 

   ―和泉に電車がやってきた!―」

 

会期:7月18日(木)〜9月16日(月/祝)

時間:午前10時〜午後5時(入館は4時45分まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)

入館料:無料

 

和泉市の和泉府中駅まで阪和電鉄(現在のJR阪和線)が開通し、

和泉市内に電車が走るようになってから90年となることを記念した特別展です。

当時の写真や、阪和電鉄が発行したパンフレット・チラシ、国鉄時代〜JRまでの切符などの

貴重な資料を通して、

阪和電鉄という鉄道会社の歴史や特色、そして和泉市とのかかわりについてご紹介します。

 

また、この展示はいずみの国歴史館とのリレー展示となっております。

当館は小さな館のため展示スペースもあまり広くはありませんが、

いずみの国歴史館ではさらに多くの資料が展示される予定です。

 

関連講座・イベントについてもチラシをご参照ください。

ひとつひとつの内容につきましては、また個別にこちらでもご紹介いたします!

 

なお、展示開始日の7月18日は、90年前に阪和電鉄が開通した当日でもあります。

ぜひ、お楽しみにしていただければと思います!

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM